中国料理 中国関連

朝鮮族が一番多い街はどこ??

ごきげんよう、曼珠沙華です。
昨日に引き続き、朝鮮族の記事を書きたいと思います。

中国には漢民族の他に55の少数民族がいます。少数民族は大体出身地域が決まっています。
今回は私の友人にもいる朝鮮族について見ていきたいと思います。

朝鮮族と韓国人、同じ言語を話す民族だけれど、実際は同胞とは言いにくい現実があることについては、こちらの記事で触れています。

朝鮮族が一番多い街はどこ?

朝鮮族

朝鮮族が一番多い街は、中国吉林省延辺朝鮮族自治州きつりんしょうえんぺんちょうせんぞくじちしゅうです。

地図はこちらです。

朝鮮族

引用:http://www.asahi.com/special/kajin/TKY201002120316.html

延辺えんぺん朝鮮自治州は北朝鮮との国境付近にあります。

2000年時点で全州の総人口は221万人で、内朝鮮族は80万人です。

普通
朝鮮自治州には朝鮮族しかいないと思っていたけれど、漢族もいたのね!

どうして朝鮮民族が中国籍になったの?

中国に移住した朝鮮族が第二次世界大戦後に中国籍が認められ、中国の少数民族の一つ、朝鮮族となりました。

ショック
第二次世界大戦後なのね。。戦争って聞くだけで複雑な気持ちになるわ・・

朝鮮自治州、延辺の風景

北の方ですし、てっきり田舎なイメージを勝手に持っていましたが、実際はとっても素敵な街並みです!!

私は吉林省の長春市には行ったことがありますが、延辺には行ったことがありませんでした。
こんなに素敵な街並みだったんですね!!

ハングルが溢れていて、どこか異国な感じがしますね。

中国から北朝鮮を観光で見る人は多いですね。
私もYouTubeで良く見かけます。

私が美味しいと思う朝鮮料理!

朝鮮族がいるからか、中国では韓国料理屋さんが多かったです。

キンパ

朝鮮族

朝鮮族の子が作った手料理のキンパを食べたことがありますが、美味しくてびっくりしました!
日本の手巻き寿司とは違い、油を使っているんですよね。
日本の海苔巻とはまた違った味で、とっても美味しかったです。

トッポギ

朝鮮族

トッポギと言うと皆さんこちらをイメージする方がほとんどかと思います。
私も中国でこちらのトッポギを食べていましたが、実は私ピリ辛も食べられないんです。
中国でも上海人は辛い物が苦手で食べないと言われていて、主人も辛い料理は大っ嫌いです。
辛い物が食べられない私達からしたら、中国でご飯を食べる時は少し苦労しました・・・

泣く
辛くない?と確認したり、辛くしないで!と注文しても、全く食べられない私達と辛いの大好きな人達からしたら、辛さを感じないレベルの辛さでも私達からしたら激辛です。。大変でした。。

なのでトッポギを頼む時に「辛くないやつで!」と注文すると、毎回こちらの料理が出てきました。

朝鮮族

引用:中国百度より

でもこれだと全く味が違うんですよね。
恐らくタレが辛いからそのコチュジャン?を入れないと全く別の味になるようです。・・・残念。

まとめ

昨日に引き続き、本日も朝鮮族について書きました。
他の民族についても、私が知ってるエピソードを交えてご紹介できたらいいなと思います。
最後までお読み頂きましてありがとうございました!

-中国料理, 中国関連
-,

© 2022 曼珠沙華の日常